一度は行きたい世界遺産!アンコール・ワットに行きました!

観光スポット
この記事は約4分で読めます。
このブログを書いてる人
たるもとこうき

大阪市内で写真スタジオを経営しながら旅する生活。飛行機に乗る事が好き。クレカ情報や楽天ポイントの活用方法はわりと詳しい。航空券・ホテルの情報など書いてます。YouTubeチャンネルもよろしくお願いします。

フォローする

こんにちは!
世界を旅する写真屋さんの「たるもと」です!

2019年5月ベトナム→カンボジア→タイの順番で東南アジアをバックパック1つで横断しました♪

ベトナムのホーチミンから飛行機でカンボジアのシェムリアップへ向かいました。

シェムリアップの町並み

実は、シェムリアップは1泊2日の強行スケジュール。笑

本来昼頃には到着予定だったのですが、機材トラブルでホーチミンの出発が遅れ、夕方ごろにシェムリアップへ到着しました。

ホテルにチェックインして、街を散策してみました!

写真はこちら

こんな感じ!バーガーキングがあったり、多くの商店があり狭いエリアではありますが、結構栄えている印象を受けました。

夜はシェムリアップで唯一の繁華街「パブストリート」に行ってみました。

パブストリートの雰囲気

バーやレストランが多くあり賑やかでした!

ショッピングストリートもあり、お買い物も楽しめるエリアですね。

いざ、アンコールワットへ!

ホテルに戻り、お菓子タイムを満喫し、翌朝の日の出を見るために早めに就寝するのでした〜。

朝寝坊をして、日の出を見逃す。

お疲れモードだったので、朝は起きれませんでした。
残念ですが、また来ようと思います。

しっかり、早起きしたのですが、二度寝しました。
二度寝するくらいなので、絶対見てやる!という心意気が足りなかったのでしょう。笑

流しのガイドを見つけて交渉!

アンコールワット遺跡群を観光する方法は主に3つ。

  • 旅行代理店のツアー
  • 観光ガイドを自分で事前に手配
  • 現地で手配もしくは、フリーのガイドを見つける

私は3番目のフリー(流し)のガイド兼ドライバーを見つけることにしました。

理由としては、いろいろ交渉もしたかったし、旅感があるんじゃないか?という単純な理由でした。

アンコールワット遺跡群巡り開始

無事、ホテル近辺でフリーランスのガイドさんを見つけました。
金額を交渉して、20ドルで1日お願いすることに。

朝から観光して、夕方の飛行機の時間までに空港へ送ってほしい。

いろいろ、こちらの要望を提示して、話がまとまったので、ガイドのウォーリーさんのトゥクトゥクに乗り込みました!

事前にネット予約などをしていると、ガイドの相場は15ドル前後らしいです。

遺跡群の入場パスを購入

まずはアンコールワット遺跡群をめぐるためにチケットを購入。
立派な建物で1Dayパスを購入しました。現金の他にクレジットカードも使えたので助かりました。

アンコール・ワットとアンコール・トム以外にも有名な遺跡を巡りたいと伝えていたので、色々案内してくれました。

僕はここで待ってるから、見ておいで。荷物も僕がキープしておくから!

ガイドのウォーリーさんは基本的に、トゥクトゥクで待機してくれてたので僕は1人で遺跡をめぐることができました。

写真はこちら

アンコールトムへ!

日本国民として誇らしいですよね。

アンコールトムの写真はこちら

アンコールワットに到着!

スペインのカップルにカメラを渡して撮ってもらった1枚。

こんな写真も撮っちゃいますよね。笑

ガイドのウォーリーさん

約4時間くらい2人で一緒に行動して、ガイドもしてくれました。
英語である程度の意思疎通も出来て、会話も出来ました。

「何歳なんだ?」「日本でどんな仕事をしてるんだ?」「結婚しているのか?」いろいろ家族の話や、ちょっとエッチな話まで楽しい時間を過ごせました!

「俺は、21歳で結婚して、子どもが2人いる」と言っていたウォーリーさんは、非常に真面目で家族思いな良い人でした。

一緒にタバコを吸ったり、楽しく過ごせた。

シェムリアップ国際空港まで送ってもらって、お別れしたのでした〜。

アンコールワットの日の出をみるなら?

アンコールワットの日の出を見るなら、前日にチケットを購入し、翌朝にアンコールワットへ向かうことをオススメします。

ホテルや宿泊施設が密集しているエリアから、アンコールワットは直線の道路で行くことが可能ですが、入場に必要なパス(チケット)の販売所が少し離れていて、遠回りになります。

まとめ

日本から比較的、訪問しやすく世界遺産に行った感じがするので、非常にオススメなアンコールワット。

カンボジアのシェムリアップは治安も悪くないので、おすすめできる国の一つですよ〜!

コメント

タイトルとURLをコピーしました