お得に旅するバックパッカーの情報ブログ

ホーチミンのホテルでユニットバスに裸で閉じ込められた話。

その他
この記事は約2分で読めます。

世界を旅する写真屋さん「たるもと」です!
皆様は、旅の失敗談ありますか?後で笑い話になるような事ならいいですよね!

今回は、2019年5月にバックパッカー旅していた時のお話です。

ホーチミンの古びたホテルに宿泊

ホーチミン→シェムリアップ→バンコクの3ヶ国を旅したのですが、1ヶ国目のベトナム・ホーチミンで事件は起きました。

そもそもホテル選びを失敗していた

夜から朝まで音楽が爆音で流れる繁華街の1つ「ブイビエン通り」沿いにホテルを予約してしまっていた。完全に僕のリサーチ不足なので仕方ないのですが。。。笑

ホテルと言うよりは、民宿のような感じのところで、予約した理由はが「立地も良いし、安いから」この選択が完全に失敗でした。

深夜は爆音で眠れない!

インスタグラムのストーリーにアップしていたブイビエン通りの雰囲気。この爆音で部屋が揺れるので、朝まで眠れなかった。

翌朝、シャワールームに閉じ込められた

ドアノブが取れた。

たまたま、ユニットバスにスマートフォンを持ち込んで、音楽を聞きながらシャワーを浴びていた。裸で閉じ込められて、タオルも何もない状態。あるのはスマートフォンだけ。

当時のツイート↓

ドアノブを差し込んで何度も回して、ドアノブがまた取れての繰り返しをしていたら上手く開きました。

まとめ

安物買いの銭失いとはまさにこのことで、ある程度のホテルに泊まるにはある程度の宿泊費が必要ということです。ホーチミンはまた訪れたい都市のひとつですが、今度はホテル予約をする場所をまた考え直します。

  • ブイビエン通り近辺は騒音で眠れない
  • 安いホテルは、ドアノブが取れる可能性がある。

今回は、そのホテルの名を伏せますが、ブイビエン通りから1本路地に入ったホテルです。

ブイビエン通り近辺でのホテル予約はオススメしません。

このブログを書いてる人
たるもとこうき

「ひとり旅」「グルメ」「野球」「だんじり」が好きなアラサーです。19歳のときに初めて海外をひとり旅してから、定期的に国内外問わず旅をするライフスタイルを実践。旅先の郷土料理や名産物に目がないほど美味しいものを食べるのが大好き。野球も好きでファンのオリックス・バファローズを追っかけて遠征も。地元ではだんじり祭りにも参加する祭り好きです。このブログでは旅の豆知識から、旅人にオススメのクレジットカード情報まであなたの役に立つ情報をどんどん更新しております。基本的にひとり行動が好きです。よろしくお願いします。

フォローする
その他
フォローする
たるもとひとり旅
タイトルとURLをコピーしました