手作りの台湾ちまきに初挑戦してみました!

食べ物 / 飲み物
この記事は約2分で読めます。
このブログを書いてる人
たるもとこうき

大阪市内で写真スタジオを経営しながら旅する生活。飛行機に乗る事が好き。クレカ情報や楽天ポイントの活用方法はわりと詳しい。航空券・ホテルの情報など書いてます。YouTubeチャンネルもよろしくお願いします。

フォローする

皆さん、こんにちは!
世界を旅する写真屋さんの「たるもと」です♪

今回は、母の職場の台湾人女性から頂いた手作りの「台湾ちまき」を食べてみました!

台湾ちまきって?

台湾では、旧暦5月5日の端午節をお祝いして食べられる有名な食べ物のひとつ。
現在の暦にするとだいたい、6月中旬〜下旬(※その年によって多少異なる)

端午節=端午の節句とも呼ばれる。日本ではこどもの日にあたり、男児の健やかな成長に感謝したり、お祈りしたりする日。
日本でも、関西では「ちまき」関東では「柏餅」が良く食べられているようで、似た文化を持ってます。

台湾ちまきも種類が多い?

どうやらいろいろ種類があるようです!
地域によって特徴があるのは、どの国でも同じですね。

南北で多少異なり、それぞれ「南部粽」、「北部粽」と呼ばれる。この他に、「客家粽」と呼ばれるもの、「鹸水粽」、「鹸粽」とよばれるあくまきなどがある。

北部粽
生の米を水に浸しておき、水を切ってから五香粉、胡椒、醤油などを加えて調味し、米を蒸すか炒める。ある程度火が通った状態で、肉などとともに竹の皮で包み、しっかり蒸す。

南部粽
生のもち米を水に浸し、豚肉、シイタケ、塩漬けアヒルの卵黄、エシャロット、落花生、栗、切り干し大根などの具とともに竹の葉に包んで、鍋で煮る。

客家粽
南部粽と同じようなものを蒸して作る「米粽」の他、「粄棕」と称するモチ米を水に浸しておいてから石臼で擂り、容器の底にたまった米粉を団子にして、切り干し大根や調味料とともに竹の葉で包んで蒸すものがある。

Wikipediaより引用

今回食べたちまきは南部粽?

おそらく今回食べたちまきは、南部粽の可能性が高いです!

見た目

笹の葉を広げてみた

ピーナッツ?甲殻類が入ってました!

レンジで温めました

魯肉飯を思い出す角煮

台湾ちまきは美味しいの?

こればかりは、個人の味覚にもよりますが、個人的には好きな味です♪

海外に行きたくても行けない生活がしばらく続きそうですが、こうして、海外の雰囲気を味わうだけでも楽しいですよね!

YouTubeチャンネルに出演打診中。

このちまきを作ってくれた台湾人女性に現在、YouTubeチャンネルへの出演を打診中です。
台湾ちまきの作り方動画をお届け出来るかも知れません!

乞うご期待!

コメント

タイトルとURLをコピーしました