ドンムアン空港の喫煙所はここ!世界でも珍しい完全禁煙な空港。

空港 / ラウンジ
この記事は約2分で読めます。

タイ国内での喫煙に関しては、かなりの規制があり、公共施設など様々な場所で禁煙化が進んでおります。

今回は、ドンムアン空港での喫煙場所について。まとめてみましたので、御覧ください!

ドンムアン空港について

1914年に開港したアジアの中でもかなり古い空港。

AirAsiaを中心にLCCの路線が多く就航しているので、JALやANAなどのレガシーキャリアを良く利用する方にとっては馴染みが無いかもしれない。

ターミナル1とターミナル2がある。

ターミナル1は国際線

ターミナル2は国内線

建物内は、全面禁煙!

ドンムアン国際空港は、2019年2月まで喫煙可能でした。

長時間のフライトを終えて、一服したい時に飛行機を降りて目の前にあった喫煙所は本当に最高でしたよね。

 

現在の建物内は、完全禁煙ですので喫煙所も閉鎖されています。

タイを出国する前に一服するなら

出国審査口(エミグレーション)を通過すると一切ありません。

予定より早く空港について、搭乗口前で長時間待機しても喫煙は出来ませんのでご注意を!

全面禁煙になる前ですと、ドンムアン空港のターミナル1(国際線)の出国フロアの出入り口を出て右に進むと屋外に喫煙所がありました。現在は、閉鎖されてます。

ほぼ同じ場所に非公式の喫煙所が用意されてます。ペットボトルが置いてあり、そこで多くの人が喫煙しています。制服が黄色の某LCCのCAさんもここで喫煙してました。空港スタッフも素通りするので、禁煙エリアですが黙認されている喫煙場所です。

他の喫煙所よりも近く、出入り口を出て右に進んですぐにあるので、便利です。

注意書きにあるように2,000バーツの罰金を科される可能性があります。

喫煙は所定の喫煙所で。

正規の場所については、後日追記します。

まとめ

  • ルールとマナーを守って喫煙しましょう。
  • ターミナル1の出国フロアを出て右に進めばある。
  • 非公式だが黙認されいる喫煙所。
  • 罰金の可能性があるので要注意。
タイトルとURLをコピーしました