お得に旅するバックパッカーの情報ブログ

楽天プレミアムカードのプライオリティパスは改悪決定!2024年以降どこで持つのが良い?

ラウンジ・空港施設
この記事は約4分で読めます。

今回はプライオリティ・パスについての記事です。

年会費11,000円(税込)の楽天プレミアムカード。
その付帯サービスとして、大人気だったプライオリティパスが2025年1月から年間利用回数に上限が設けられます。

楽天プレミアムカード改悪

楽天プレミアムカードの売りの一つとして、プレステージプランのプライオリティパスが制限なしで利用できていた事ですよね。それが2025年1月から年間5回に制限されます。とは言っても、プライオリティパス発行の時点で11,000円の楽天プレミアムカード年会費はペイできているので十分お得なのですが、一気に5回までに制限されると改悪された感がすごいです。

  • スタンダートプラン 99USD
  • スタンダードプラスプラン 329USD
  • プレステージプラン 469USD

2024年12月31日まで年会費469USDのプレステージプランを無料で持てる事自体が奇跡に近いことだったということです。

仮に2025年以降5回ラウンジを利用した場合、スタンダードプラン99USDと利用毎に発生する35USDが5回分で274USD分を付帯サービスとして無料でできるのでお得なのは変わりません。1USDを148円換算で40,500円ほど。十分に楽天プレミアムカード年会費を上回るベネフィットを得ることができます。

楽天プレミアムカードの代替案

楽天プレミアムカード改悪の発表があったタイミングで旅人界隈を賑わせたのが、住信SBIネット銀行が発行するプラチナデビッドカードの付帯サービスで利用できるラウンジがloungeKeyからプライオリティパスに変更になったということ。

仮に楽天プレミアムカードを上回る利用ができるなら、同じ年会費の11,000円で発行できる住信SBIネット銀行プラチナデビッドカードを持つことも視野に入れた方も多いと思いますが、プライオリティパスの利用は年間3回までの制限があると発表され落胆した方も多いと思います。

利用制限の無いプライオリティパスが付帯しているお得なクレジットカードで頭がひとつ飛び抜けていた楽天プレミアムカードの利用も2024年末まで。2025年から年間5回以上プライオリティパスを利用する可能性がある方にオススメなクレジットカードをいくつかピックアップしたいと思います。

JCBゴールド ザ・プレミア

こちらは招待制カードなので、今すぐ発行できないクレジットカードではありますが、JCBゴールドカードを利用し続けることで招待されるカードです。年会費16,500円(税込)ながらプレステージプランのプライオリティパスが無料発行できます。また一定の利用金額を超えると年会費が割引されます。

三菱UFJカードプラチナアメックス

年会費が楽天プレミアムカードの2倍で22,000円(税込)になりますが、三菱UFJ銀行が発行するこちらのカードならプレステージプランでプライオリティパスを無料発行できます。昨今では三井住友カードが年会費無料で発行し、銀行カードのステータス性も下がったとされていますが、やはり銀行系が発行するカードはステータス性が高いです。選択肢のひとつに加えても良いかもしれません。プライオリティパス以外にもプラチナカードとしてのベネフィットを多く得ることが可能です。

エポスプラチナカード

利用に応じて、年会費を実質0円まで引き下げることが可能なエポスプラチナカードもこれから人気になるのでは無いでしょうか?
年会費無料のエポスカードは無料で海外旅行傷害保険が付帯することでも有名で、海外旅行に良く行く方なら持っている方も多いかと思います。無料付帯は終了して、海外旅行傷害保険は利用付帯に変わりますが、お得なカードであることは変わりません。ポイント還元率も高いので年会費33,000円(税込)ですが、検討する価値もあるのではないでしょうか?

JCBプラチナカード

年会費27,500円(税込)ですが、JCBが発行するプロパーカードのメリットを大いに享受することが可能です。JALマイラーの方は年会費が34,100円と跳ね上がりますが、JALプラチナカード(JCB)の発行も検討しても良いかもしれません。

今までの組み合わせが変わる!?

例えば、JGC会員維持のためにJALカードを持っていて、プライオリティパスは楽天プレミアムカードで持っている2枚持ちをしている方も多いと思いますが、この際にJGCプラチナカードを発行なんて事もありですね!楽天プレミアムカードも年間5回までじゃなくて10回まで利用可能なら維持する方も多い有ったと思いますが、5回までだと少し使いづらいですね。

プライオリティパスは海外の空港ラウンジで利用する印象が強いと思いますが、国内空港で国内線を利用する際にも使えます。

関空の「ぼてぢゅう」でプライオリティパスで3400円分の無料飯!メニューや使い方も紹介!
こんにちは! 先日、関西国際空港第1ターミナル国内線制限エリア内にある「ぼてぢゅう」に行ってきました。今回の記事では、プライオリティパスの使い方やメニューなどを詳しくご紹介したいと思います。 チェックインを済ませ、保安検査を通過した制限エリ...

関西国際空港のレストラン街にあった「ぼてぢゅう」が有名でしたが、現在は国内線制限エリア内に移転。他には名古屋の中部国際空港セントレアだと、レストランでの食事以外に温泉も無料で入れるので、ますますプライオリティパスの価値が高まってるんですよね。

海外にあまり行かない人でも国内線利用時にプライオリティパスの恩恵を受けることができるのが、素晴らしい点ですね。

このブログを書いてる人
たるもとこうき

「ひとり旅」「グルメ」「野球」「だんじり」が好きなアラサーです。19歳のときに初めて海外をひとり旅してから、定期的に国内外問わず旅をするライフスタイルを実践。旅先の郷土料理や名産物に目がないほど美味しいものを食べるのが大好き。野球も好きでファンのオリックス・バファローズを追っかけて遠征も。地元ではだんじり祭りにも参加する祭り好きです。このブログでは旅の豆知識から、旅人にオススメのクレジットカード情報まであなたの役に立つ情報をどんどん更新しております。基本的にひとり行動が好きです。よろしくお願いします。

フォローする
ラウンジ・空港施設クレジットカード
たるもとひとり旅
タイトルとURLをコピーしました