お得に旅するバックパッカーの情報ブログ

JALのどこかにマイルでどこかに参る時に知っておくべきこと

航空券予約・搭乗レビュー
この記事は約5分で読めます。

JALマイラーの皆様、こんにちは!

マイルを使ってお得に旅する方法の1つにある「どこかにマイル」ですが、桃色の航空会社でも話題の「旅くじ」のようなエンターテイメント性もありますし、場合によっては大当たりの旅先が選ばれることもあります。

今回は、攻略方法も交えて、どこかにマイルを徹底解説していきます!

2023年4月12日以降は、航空券の料金設定改定に伴い、6000マイルから7000マイルになります。

どこかにマイルってなに?

まず、どこかにマイルについてご説明させて頂きます。

JALマイレージバンク会員が6,000マイルを使って、ランダムに選ばれた4つの候補の内のどこかに旅できる企画です。6000マイルで往復の航空券と交換できるので旅行先によっては、かなりのお得さを感じることができます。ただ、行き先は自分で選べませんしキャンセルをしてもマイルは帰ってきません!

急な連休が出来た人、どこかに行きたい、誰かに旅行先を決めて欲しい、マイルの有効期限が迫ってる。こんな方にはどこかにマイルをオススメできるのでは無いでしょうか?

どこかにマイルの注意点

6000マイルで往復の航空券は非常にお得ですが、注意点も多くあります。

もう一度、おさらい。

  • 行き先は選べない。4つの候補地までは確認できる。
  • 申込後にキャンセルしてもマイルは帰ってこない。
  • 出発地が「羽田」「伊丹」「関空」「福岡」に限られている。
  • 選べる日程は1ヶ月先までなので計画を立てにくい。

どこかにマイル 〜南の島〜 もある

南の島に特化した「どこかにマイル 〜南の島〜」も存在する。離島好きにはたまらないはずです。

奄美群島や沖縄の離島が候補地となるのが特徴で通常版のどこかにマイルと違い候補地は3つ表示される。もちろん行き先はランダムで選べない。出発地は「那覇」「鹿児島」だけ。LCCで那覇空港や鹿児島空港に移動して「どこかにマイル 〜南の島〜」を利用するのも一つの手段かもしれない。

基本的には「どこかにマイル」と仕組みが同じです。

実際にどこかにマイルを予約してみた

JAL公式ホームページ内にある「どこかにマイル」にアクセスして実際に予約してみました。

  • 出発地を選択
  • 行き帰りの日程と希望時間を選択
  • 人数を選択

選択項目は少なく、シンプルでわかりやすい。申込者がJMB会員なら「人数×6000マイル」を利用して友人と一緒に旅行できます。

いざ!!!検索〜!!!

行き先候補のサンプル

日程や希望時間によって様々な候補地が表示されます。日程を変えてみたり、希望時間を変えてみたりすると候補地も変わります。今回はどこかにマイルの当たり候補地をサンプルとしてご紹介します。

①新千歳・那覇・羽田・青森

②新千歳・函館・羽田・那覇

③羽田・新千歳・福岡・青森

当たりが出るまで検索するのもOK

行き先がどこになるのか分かりませんが、4つの候補地から選ばれるのは確定しているので伊丹発で「新千歳・函館・福岡・那覇」は当たりなのではないでしょうか?

中には、大阪から「那覇・石垣島・宮古島・???」など沖縄に重点を置いて徹底的に検索を掛けている方もいるみたいです。

実際に申し込んだ結果は…?

結論から言いますと、行き先は「羽田」でした。

発着地を伊丹空港に選択。ここで大阪(伊丹・関西)を選ぶと伊丹以外にも関西空港からの便も候補に選ばれます。関空を離発着するJAL便と言えば、那覇空港を拠点とするJALのグループ会社である「日本トランスオーシャン航空」が多いので候補地に沖縄便が表示される可能性が高まります。

結局、私は伊丹空港を発着にし、候補地は「羽田」「新千歳」「福岡」「青森」で申し込みをしましたが、1日の便数が多い路線は選ばれやすい傾向にあると思います。

どこかにマイル行き先攻略!

どこかにマイルで行きたい空港を引き当てるコツなどをご紹介したいと思います。

  • 「羽田⇔伊丹」など1日に何便も飛んでいる路線はどこかにマイルで当たりやすい?
  • 希望日程の空席状況により候補地に表示されるので、残り数席の便は当たりにくい?
  • 空席で飛ばすより少しでも座席を埋めて飛ばす方が良いので、空席が目立つ路線が選ばれやすい?

例えば、夏休みシーズンにどこかにマイルで旅をする際に人気旅行先の「那覇」が候補地に出てきても那覇に行ける確率は低いと思います。航空会社側も6000マイルで往復する人より、お金を払って搭乗する人の方を登場させる方が売上につながりますので、どこかにマイルの利用者に少ない空席を与えたくないと推測できます。

逆の考え方をすれば、1日に1往復の人気路線(伊丹⇔函館など)より数回往復する人気路線(伊丹⇔那覇)の方が選ばれやすい可能性は高いと思います。

最後に

どこかにマイルは運試し要素も含むので、どこに行くかわからないドキドキ感と6000マイルのお得感を楽しめるのが醍醐味かと思います!色々な組み合わせをすれば色々な候補地が表示されます。自分の納得する候補地が表示されるまでトライしてみましょう!

※1日の検索回数に上限があります。
※ページをリロードしたら、希望日程そのままで候補地が更新されます。

申込後、数日で決定した行き先が通知されますので、行き先が決まったらホテル予約も忘れずに!

ホテル予約はアゴダがオススメ!最近、バナナマンのお二人が出演しているテレビCMもよく見かけます!

このブログを書いてる人
たるもとこうき

「ひとり旅」「グルメ」「野球」「だんじり」が好きなアラサーです。19歳のときに初めて海外をひとり旅してから、定期的に国内外問わず旅をするライフスタイルを実践。旅先の郷土料理や名産物に目がないほど美味しいものを食べるのが大好き。野球も好きでファンのオリックス・バファローズを追っかけて遠征も。地元ではだんじり祭りにも参加する祭り好きです。このブログでは旅の豆知識から、旅人にオススメのクレジットカード情報まであなたの役に立つ情報をどんどん更新しております。基本的にひとり行動が好きです。よろしくお願いします。

フォローする
航空券予約・搭乗レビューJALマイル・JGC修行旅行準備・豆知識
たるもとひとり旅
タイトルとURLをコピーしました